ドラム缶ストーブ再登場

June 13, 2017

少しでも効率よく薪を熱に変換しようとした煙突付きのカマド。どうやら修正が必要です。耐火レンガがなく、手元にあるのは、中空レンガだけ(^^;) お湯がたっぷり入った大鍋をどうやって安全を担保しながら作業の効率を良くするかも解決すべき課題です。

 

熱の変換効率は悪いですが、ドラム缶を切断したストーブは使いやすさという点では一番ですね(^^)

 

※ 動画は、染色に使うアボカドの種を刻むトラさんの様子です。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

カテゴリー
新着記事

November 17, 2019

November 7, 2019

October 12, 2019

September 25, 2019