染めムラ・精錬に問題なし

PPM測定器を使って検査しました。綿の繊維を覆うワックスはきちんと精錬で除去されていました。その後のタンニン染めも問題ありません。新しいかまどになり、温度調整の方法が変わりましたが、一週間の試行錯誤の結果、撫子(なでしこ)色の染めムラの原因は、アボガドの染め液と染めの方法にあると結論づけました。熱源が薪なので、薪割りと並行して原因究明をするのに時間がかかっております(^^;)

※ 動画は、ガラ紡布を精錬している様子です。

カテゴリー
月別アーカイブ

© 2015 Combodia Cotton Club. All rights reserved

Postal code 02360 box 303, Battambang Post office, CAMBODIA, Cambodia Cotton Club