鉄染み…油断大敵

October 6, 2017

草や樹木を使った染めは、有機色素と金属が結びつく働きを応用しています。山吹色では、マンゴーの樹皮とみょうばん石に含まれるアルミニウムが化学反応を起こしてコットン繊維に固定されるというわけです。鉄を触った手で乾いていないストールに触ると、そこだけ濃い色になってしまいます(^^;)。

ワークショップのスタッフは、ひとつの作業毎に消毒用アルコールでスプレーし、手指から不純物を取り去っているのですが、繊維に色素が固定される前に鉄を触った手でうっかり忘れてしまうと動画のようになってしまいます。そんなわけで染色キッチンで使う道具は、ほぼすべて信頼できる日本製の高価なステンレスになってしまいました(^^

 

※ 動画は、マンゴーで染めた山吹(やまぶき)色のストールを乾かしている様子です。

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

カテゴリー
新着記事

December 31, 2019

December 30, 2019