失敗しなくちゃ学べない

March 8, 2019

右手に麻痺が残り、どうしても柔らかく織ることができません。あと年々もかかるだろうなと思いながらも,のんびりと見守るしかないです。

 

経糸は時間で緯糸は空間。布って不思議です。見た目ではわからない技量が手織りだと触った瞬間にわかってしまうのです。本人が丁寧に織ったつもりのストールの出来映えに、僕が首を縦に振らないのは、僕自身もしんどいのですが、職業人を目指す訓練とはそういうものだと厳しい判断を下しています。そこから何かを学びとって欲しいです。

 

いま桜色のストールを織っている彼女も,何年かしたら自分の未熟な織りを懐かしむようになって欲しいなと思います(^^)。

 

※ 動画は,カード機で右手に重傷を負った最年少の研修生です。

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

カテゴリー
新着記事

November 17, 2019

November 7, 2019

October 12, 2019