このまま雨期に入って欲しい…

May 10, 2019

メコン川下流域(ラオス、タイ、カンボジア、ベトナム)では、水力による発電で電気の一部をまかなっています。ここ数年、干ばつ傾向だったのですが,今年の干ばつと酷暑は本当に異常です。カンボジアのでは,バッタンバン州を含む16の州で水不足が深刻化しています。

 

カンボジアは、国土の約75%はが農地で稲作が主です。特にバッタンバンは、カンボジアでは米どころとして有名です。ですが、そのほとんどの田んぼには、灌漑(かんがい)施設が無く、不安定な天水に頼っています。カンボジア環境省は,5月に気温上昇がピークを迎えるため、米農家は稲作を控えるべきだと異例の警告を発表しました。暑いだけではなく、電気も停電続きです。ポンプ は電力で動くので、水も滞っています。このわずかな文章を書いている間に、あっという間に雨が上がってしまいました。電気にできるだけ頼らないワークショップ運営をしてきたのですが,停電が不規則に起きる事態が続くと,手も足もでない状況です。

 

※ 画像は、本当に久しぶりの雨です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

カテゴリー
新着記事

December 11, 2019

December 7, 2019