開店まであと一息

December 1, 2019

当初は、ガラス本体に多数の気泡が含まれている明治時代のような雰囲気のガラスを自分で作ろうと考えていました。というのも、ガラスの原料がバッタンバンにあるからです。

 

ですが、なんとかして少しでも早く店舗をオープンして現金収入を得たいのと、化学物質過敏症の人がガラスに反応するリスクは低いようなのでプノンペンの業者さんを信じて厚いガラスを購入しました。

 

これから木製の棚にピタリと収まるようにガラス板の加工です。過集中モードが得意の僕ですが、やる気スイッチが入らないというか主電源ごと落ちてしまったようです…(^^;; 身体が動かない…。

 

ちなみに今朝は、日の出と同時に炭の微粉末を石膏に混ぜて練り込んでいました。

 

※ 動画は、首都プノンペンで入手した厚さ10mmのガラス板です。自作ではありません。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

カテゴリー
新着記事

December 11, 2019

December 7, 2019