牛革の接着剤

December 7, 2019

無添加建築をするのに、一番頼りになるのが、牛革由来の接着剤です。膠(にかわ)と言います。「煮る皮」が語源なのかなと思います。というのも、牛の皮を買ってきて体毛をカミソリで剃って塩で揉み込み、それを煮るとゼラチン質がでてきて接着剤になるのです。

 

ワークショップ近隣の野良犬にはたまらない匂いなのか、長年にわたって、僕と「縄張り争い」をしている野良犬たちが寄ってきます。

 

ジャスミンライスの接着剤も強力ですが、牛革接着剤は猛烈に強力です。高温蒸気を噴霧しなければ簡単には剥がれません。

 

牛革接着剤(にかわ)の水分子が飛んでしまうとゼラチン部分が「痩せて」しまうので、「骨剤(こつざい)」としてガラ紡糸を入れています。

 

※ 動画は、ニカワ(動物由来の接着剤)で固めた糸で扉のドアハンドルに間違って僕が空けた穴を埋めている様子です。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

カテゴリー
新着記事